2017年12月7日木曜日

【学校をめぐる諸問題08】 子供たちからのSOSをどう受け止めるべきか




 高校生の頭髪をめぐる議論に対して、いろんな感想を抱いている人がいます。


 今日、ネットで上がっていたのは教育ジャーナリストを仕事にしておられるとある方の記事でした。


 大変興味深いので紹介したいと思います。




 高校生の頭髪をめぐる議論 ~過度な自己アピールはSOSかもしれない~
 https://news.yahoo.co.jp/byline/otatoshimasa/20171207-00079011/





 詳しいことはリンク先を読んでください。私はこの方の意見に100%賛同し、そして彼の意見に100%賛同しないのですが、そのあたりの意味不明さはおいおい判明してくることでしょう(笑)



 ちなみに、結論はともかく全体のテイストとしては「大事なポイント」を意外にしっかり押さえた記事なので、理解しやすいと思います。



 いつものように骨子をまとめます。



■ 地毛指導や、黒髪に染めろという指導は人権侵害の要素がある。


■ 強制やおしつけの指導はナンセンスと感じる大人が多く、「効果がない」とする教育者もいる。 


■ 一方、服装やルールの指導は、社会に出るうえでも必須であると考える人も多数いる。



 まあ、このあたりまではわかりやすい話です。このまとめは、いろんなところでもよく出てきます。


 さて、彼の記事で面白かったのは、この問題を「内発的変容」と「外圧的指導」の側面から見ようとしたところです。


 つまり



A 自分の力で変わろう、正そうとする生徒が存在します


B 教師の強制力で変わらせようとする学校が存在します



という2つの視座を提案したところですね。たいへん興味深い。


 そこで彼はひとつの例を提示して、



「進学校の生徒は、自由にさせてもむやみに茶髪にしたりせず、まあ節度を持っている」



という事実を立てて来ます。これも一般的によく知られている事実です。



 そして、


「進学校でない生徒がわざと茶髪にしてくるのは、自己肯定感が低くて、押さえつけられていることへの反発やSOSを発しているからだ」


と、論を進めるわけです。





============





 最初の時点で、ワタクシ吉家は、このおおたさんの論を100%肯定すると言いました。


はい、そうです。


「子供たちはSOSを発しているから茶髪にしたり、服装を乱すのだ」


それは100%その通り。まさしくそうです。その昔、尾崎豊が自分で言っているように、大人たちに歯向かって盗んだバイクで走り出すんです。けしてもともと窃盗が好きなわけではない。そこよ。



 そして、なおかつ、そうしたSOSを発し、問題を抱えている生徒が


「内発的、自発的な力によって自分を正すことができるのが理想的である」


とおおたさんは考えているようなので、それも100%激しく同意します。




==========




 と、ここまではとりあえずOKとしましょう。


 そのあと記事はこういう展開を迎えます。


 「できうるならば、彼らのSOSに耳を傾け、現実的にはリソースが少ない学校でそれを実現するのは難しいけれど、学校の中くらいは理想を語り、こどもたちに寄り添うべきだ」


というお話になるわけです。



 これはちなみに、



 国家の運営がうまくいかず、SOSをたくさん発射して日本海に落としている某国家があったりするけど、理想は国家の運営がそれぞれの民族で自立的、内発的になされるべきなので、理想の国家像を先進国は語りつづけようね



と言っていることとほぼ一緒なので、 (先進国は、他国の経済的排他水域にモノを発射して落としたりはしないぐらい、自律的です) 私は100%賛同しかねるのですが、それはまた別のお話。




==========





 この記事でいう理想論が実効的でないのは、仮に学校の中で理想論を立てて接したとしても、すでに子供たちの父親や母親が文化的にであったり経済的に「理想的生活を送れていないから、子供たちにもそうした影響が及んでいる」のに、何を持って理想とするのか、という点が抜け落ちているからです。


 SOSを発している。それは100%その通り。



 しかしそのSOSの元になっているトラブルの原因がなにかということを問えば、それは、実は学校の中の問題ではなく、生徒たちが置かれている社会状況と家庭状況の中に原因があるのに、その解決に関わることができない学校の教員が、何をもって理想を語ろうというのか!ということになるわけです。


「じゃあ、あんた、うちのお父さんがリストラされて貧しい今の状況を理想的にどう変えてくれんの」


「じゃあ、あんた、うちのおかんが男つくって出て行って姉妹二人で生活してるの、どう理想的な生活にしてくれんの」


ということに答えられない者が、理想を語ってはいけない、っちゅうことです。



 学校の教師は、SOSの原因が自分についてのことであれば、なんぼでも対応できます。



 しかし、現実に何が起きているかというと「教師が解決できない問題を生徒が抱えていて、それをSOSとして発している」事態が毎日毎分毎秒、日本中で起きているということなのです。




 では、教師が生徒の家庭環境や貧困や、親の無理解や社会情勢などに解決策をもてないのだとすれば、何を提供することができるのでしょうか?


 それは、そうした現実社会の中で、「それでもあなたに不利益がなるべく少ない方法を伝授して、自力で渡っていく技術」を伝達すること以外ありません。



  それが


「他人はみかけで人を判断するから、適切な服装や態度を有することが、逆境のあなたでも大きな助けになるんだよ」


「どこの組織に属しても、挨拶をしっかりできる人間は重宝されるから、そうしたことを大事にしたほうが損をしないよ」


「ルールを逸脱するものは排除されることが多いので、ルールに従ったほうが結果的に生きやすいよ」


という、生きる技術を教えるということなのです。



 けして「学校のいうことを聞け。俺の指導に従え」ではありません。



 もちろん、上記の内容をきちんと伝達している教師もいれば、うまくそれが伝わっていない教師もいるでしょう。


 そして、「そんな大人の世界がいやなら、選挙へいけ!」と教えるべきなのです。


 「そんな大人を変えたいなら、『踊る大走査線』を見て室井さんになれ!」と!



 そこであなたが茶髪にしていても、大人たちは変わりません。変えるなら、トップを取らねばならないのです。



2017年12月1日金曜日

【学校をめぐる諸問題07】 なぜこの世界は生きづらいのか ~黒髪と校則とリクルートスーツから~



 現代ビジネスの記事に面白いものがあったので紹介します。


 日本人の「心情」はすでに大震災前に戻ったのかもしれない
 ~なぜこの社会は生きづらいのか~
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53629 

  

 精神科医の堀さんという方の記事なのですが、やや話が難解な書き方なのでわかりにくいと感じられるかもしれませんが大変に興味深い話をしておられます。



 簡単に骨子を書くとこんな感じ。


■ 日本人は、ルールを作って運用する人間関係は苦手。


■ 日本人は、身分や上下を明確にしたがり、それが明らかだと意外と従順に従う。


■ 一般には封建的な考え方や、身分的な考え方は悪で、民主主義や平等は善だと考えられている。


■ しかし、日本人は、建前上(オモテ)は民主主義や平等を口にするが、本音(ウラ)では権威主義で封建的な生き方をしている。


■ 一般論から離れて考えると、権威や身分は単純な悪ではない。メリットもある。


■ 一般論から離れて考えると、民主主義や平等にもデメリットがある。



 いわゆる「本音と建前」のように、物事にはオモテウラがあるので、よけいに日本人として生きる中ではわかりにくい、ややこしいものとなっているのですが、それが日本的生きづらさの原因となっているのではないか、という話でした。




==========




 堀さんが例として挙げているのは、


『 平等的な思想を主眼とした取り組みをしたら、一見すると結果が上がった。しかし、平等を重んずるあまりに権威や身分を否定し始めると、チームや組織が崩壊した』


という医療現場の実態がありました。


 彼の言い方を借りれば、「権威的なもの」が旧来からあったけれど、近年は「反権威的なもの」も力を伸ばしてきて、それらが矛盾するから生きづらさが生まれている、というわけです。


 特に、今の若者はその2つの間で板ばさみになっているから、「立ち去るか引きこもるかしかない」というわけで。






==========




 この堀さん的視点で、たとえば校則や黒髪強要について考えると、現代の日本人が抱えている問題点がわかりやすくなってきます。



 とある高校生が地毛なのに黒髪を強要された、という訴えから先日「校則とはどうあるべきか」という議論が沸きましたが、結論から言えばとても簡単な図式です。





「表向きは、個性は大事であるとか、人権が大事であるということになっているが、実際にはその学校の周辺の住民や、企業の採用者は、『個性的な茶髪はいらない』とか『服装の乱れたものは見下そう』と考えているから、それを知っている学校・教師としては校則や規則でしめつけなくてはいけない」




ということが起きているわけです。いわば学校は、世間に対して忖度しているわけですが、これを強制するから権威主義的であり、封建的に見えてしまうということが起きるわけです。



 ところが、まったく同じことを大学3年生~4年生になると、今度は生徒自身が、世間に忖度して「茶髪でも黒髪に戻したり、みんなが没個性的なリクルートスーツを選ぶ」ことをやりはじめます。




 結果としてはおなじ行為を行うのだけれど、この文章の最初のほうに述べたように




 権威主義的で封建的なものは悪だよね



ということになっているので、学校は悪者にしやすいわけですね。



 もちろん、学校からすれば、それならほったらかしにして好きにすればいい、と思っているわけですが、実態は「服装や髪を自律的に忖度して世間さまに合わせられる能力がある」生徒と「そんな器用なことはできない」生徒がいるわけで、そのために



 偏差値の高い高校の生徒は制服も校則も比較的自由(忖度できるから)


 偏差値の低い高校の生徒ほど、世間の目を代弁する教師によって締め上げられる



ことが現実に起きているわけです。




==========




 これらは日本的社会のある意味最大の特徴なので、治りません。だから、そのしくみを理解して世渡りするものだけが最終的に得をします。


 学校の教師たちは、基本的には生徒に損をさせたくないので、最大公約数的に没個性で従順な人間を育てようとするわけです。



  もちろん、中には突然変異的に、個性的かつ高能力な者がいるかもしれませんが、学校側からすればそうした能力の高い人間は、偏差値教育の中で上位に選別されてそういう学校に行っている確率が高いので、これまた最大公約数的に、没個性な指導をすれば結果的に数学的には正解になるわけです。




 もし、本当に民主的で平等なルールを制定したいなら



20歳までは法的に責任を持たされるべき

「PTA(保護者)に校則を作らせる」

のが一番です。


 まあ、そうすると、子供たちが損をしないように、という意味では最も強力で制限的な校則が出来上がることになるわけですが(笑)


 あるいは、仮に自由な校則が出来て、生徒達が将来損をしても、それは保護者の責任ということでいいのではないでしょうか。



 可哀想なのは、何にも知らずに「自由と平等は正しい」と思いながら世間へ出てゆく子供たちですね。



2017年11月25日土曜日

「仕事ができない人をみんなクビにしたら会社はどうなるか」がめちゃくちゃ納得できる件


 自分自身が「仕事ができるタイプ」なのか、それとも「仕事ができないタイプ」なのかは、自分では意外にわからなかったりするものですが、客観的に業界を眺めていると、


「ああ、まあこれくらいなら標準よりはできているのではないか」


と、なんとなく思う今日この頃です。ええ、今期から取締役に昇格するそうです。



 取締役とは言っても、いわゆる「失業保険がもらえないほうの取締役」ではなく、「失業保険がもらえるほうの取締役」なので、まあ従業員であることには変わりませんが。



 さて、そんな個人的なことはどうでもいいのですが、かなり面白い記事があったのでご紹介。




「仕事ができない人を全員クビにした会社で起きた驚きの結果


https://www.sinkan.jp/news/8176


記事は、新刊JPさんからですが、これはテレビでもけっこうCMやってたりしておなじみの Netflix 社で実際にあったことなのだそうです。


 仕事ができない人を解雇して、できるヤツだけにしたら業績はどうなるのか


という疑問は、なかなか興味深いものがありますが、たとえば働きアリさんなんかでは、


「何割かはいつもぜったいサボっている」


なんて観察結果もあるそうなので、ちょっと斜めから捉えると


「えー、絶対にそんなの会社としてはうまく行かないんじゃない?」


という予想になりますね。





 さて、そんな予想に反して



「仕事ができないやつをクビにしたら、業績は伸びた」
 
のが正解なのだとか!!!


  うわー、世知辛いなあとか、つい思ってしまいますが、よくよく考えてもう一周回って考え直したら、



これって、至極当たり前のことなのでは?



と管理職のヨシイエは思うわけで。




 感情論としての「クビ論」としてみるから「うわーきっつう!たまらんなあ」と感じたり、「ふっ、できないヤツは蹴落とせばいいのだ」とかいろいろ感じるわけで、実は誠実かつ論理的に言い換えれば、以下のような話になるだけなのですね。



 <言い換え例>


「成果のいいメンバー(レギュラー)だけを集めて、一軍を作ったら、試合に勝った」

 
「成績のいい社員の成績を集めたら、結果はめっちゃ良かった」

 
「成績のいい学生が、偏差値の高い大学に入ったら、成績の悪い生徒はそこにはいなかった」



・・・・・・あたりまえ♪ あたりまえ♪ 当たり前体操。




==========




 ということは、クビだの仕事ができないだの、人格否定を想起させる文言や仕打ちと連動するから、話がいやな感じになるだけで、これは明確な事実なんだと思います。


 その会社のミッションやビジョンが明確で、求められている動きもはっきりしているのなら、こりゃもう1軍選抜、偏差値選抜をすれば、明白に結果もそうなるというだけです。



 そりゃあ、その会社が、社会奉仕活動的側面が強い業務内容をしているのなら、仕事ができないけれど笑顔が優しい人がいてもいいでしょうが、一寸の狂いもない部品を最速で作ることがミッションな会社には、へらへら笑っているだけの人は「不要」なのは、どうにも仕方がない。


 ましてや、それが人命に関わるようなシビアな部品だったりしたら、そこで求められる成果は、「人間性ではなく精度」だと言われてもぐうの音もでないわけで。



 まあ、そんなこんなで当たりまえのことなので、私もなおいっそう一生懸命成果のある仕事をせねばならんなあ、と感じましたとさ。まる。



2017年11月20日月曜日

<吉家流儲かる起業塾17> 相変わらず攻めの姿勢のココナラが凄い ~バナー広告の威力で儲かる?!~



 不肖ヨシイエがココナラでの売上を晒すコーナーを不定期に開催しているわけですが、2017年秋現在でどれくらいかというと


 


 どん! 累計金額が約13万というところまで来ました。


 これだけで食べていけるほどではありませんが、金利利子よりかははるかに高い副収入なので、まあよしとしましょう。


 儲かってるかって?


 もともと元手も在庫も要らないので、純粋にもらえるものはいただいておきましょうということで(^^



 さて、このココナラさん。

https://coconala.com/ (公式)



 わたしはこの会社の回し者ではないですが、なかなか攻めの姿勢がすごくて毎回驚いています。


 前回も、ココナラがバナー広告代行をやってくれてる件でそのオドロキを書いたわけですが、

 


<吉家流儲かる起業塾11> ココナラのバナー広告がすごい! 無料であなたをCMしてくれる方法

https://kotaro-yoshiie.blogspot.jp/2016/07/blog-post.html





なんかもう、どこかのページにバナーが出るよ、という話ではなく。


わかります? ココって書いてある箇所。

この写真は、ヤフーのページなんですが、ニュースページのアクセスランキングの下部とか、いわゆるトップページ相当の箇所に、ズバズバCMが入り込んでくるというしかけなのです。

 (該当部分は、モザイク処理しています)



 こうなると、誰か第三者のブログにバナーCMとして広告が入るよりも、はるかに高確率で目に留まる場所になるので、サービス出品者としては



「通常、ここに自分の広告出したら、ナンボ払わなあかんねん!」



ということを考えたら驚愕!なのですね。


 ココナラサービスの利用者は、自腹を切らずにあんなとこに広告を挿入してもらえるわけですから、これはオトク以外の何ものでもありません。




coconala ココナラが起業のトレーニングに最適な10の理由

  https://kotaro-yoshiie.blogspot.jp/2015/04/coconala.html



というのも昔書きましたが、ほんとにココナラは起業の練習にピッタリなので、やってみ?

2017年10月27日金曜日

10年連続育休を取る社員は悪なのか?



 天下のプレジデントオンラインさんにすごい記事が載っていたので、のけぞってしまったヨシイエです。





なぜ”10年連続の育休社員が許されたのか ~制度の悪用は自分も不利にする~
http://president.jp/articles/-/23466





 詳しい内容はリンク先を読んでいただくとして、この記事は、とあるおっさんの目線で



女性が「10年連続育休を取るのは、悪だ!」


とぶった切っていることです。




 ええ?そうなの?そうだったの!



とオドロキを隠せない吉家です。





 というのも、私は個人的に10年近く3人の子育てをするために「産休・育休」をほぼ連続して取得した女性を知っているからです。


 その人物をもって、不埒である、悪である、制度の悪用であると断罪することができるのか!


 残念ながら、私には彼女が悪だとは到底思えません。


 なぜなら、彼女は3人の子供を育てながら、元来の職にとどまり両立することで、



 日本社会にも人類にも貢献していることが確か



だからです。逆に言えば、現代の日本における仕事も家庭も全部ちゃんとできる女性が3人の子供を安心安全に出産子育てするためには


「10年連続で育休を取ることが望ましい」


に決まっているじゃないですか!!!!!



 おっさん何を言うとるねん!あんたの存在がマタハラやないか!と突っ込まずにはいられないところです。(個人の感想です)



~~~~~~~~~~

 

 しかしながら、吉家とて人の子ですから、おっさんが言わんとしていることも十分によくわかります。

 そう、私が個人的に知っている女性が10年連続で育休みを取れたのは事実ですが、そこにはちょっとした壮大でおそろしいカラクリが潜んでいるからです。


 そのカラクリがなければ、10年連続の育休など、成立し得ないのですから!!!




 そのあたりの裏事情は、



 マタハラがなぜ起きるのか
https://kotaro-yoshiie.blogspot.jp/2016/01/blog-post_22.html



 という旧記事に書かれているので、ご参照あれ。




~~~~~~~~~~



 さて、簡単に話をまとめれば、「公立学校の女性教師」だったからこそ、10年連続の育休が可能であった、というのが上記の骨子です。


 そして、おなじことは民間企業では絶対にできない、ということもヨシイエは理解しているので、おっさんの言わんとしていることには、もちろん納得します。


 そうです、その通り、実態実際現実としては無理に相違ありません。



 しかしまた一方で、現代日本において、働く女性が3人子供を安心安全に産むためには、(つまり、人口を増やすには)、ひとつの案として



 10年連続の育休が可能であること



ぐらいの大胆なワザが使えなければ、人口問題は解消しないということでもあるわけです。



 なので、おっさんの立場を尊重すれば、


 人口衰退して日本人、氏ね!


ということでもあるし、人口を伸ばしたければ


 おっさんの立場を取る男たち、氏ね!



ということにもなるという究極の矛盾が生じているというわけですね。




~~~~~~~~~~



 それにしても、制度上それが使えるものであって、個人が最大限に利益を享受することは、「悪」なのでしょうか?


 それならそういう制度を廃止するか、そういう制度設計になっているところを見直すべきだと思うのですが、そのあたりはいかがなものか。


 私は、むしろ、日本人女性全員が10年育休が取れるシステムを作るべき、派なのですが。


 そのせいで、日本経済が衰退しようが、男社会に亀裂が生じようが知ったこっちゃありません。


 別にヨシイエはフェミニストではなく、




 そういう制度があるんだから、最大活用することが悪だといわれる筋合いはない




というだけのことなのですが、何か?





2017年10月23日月曜日

スズキ スペーシアカスタムZ に乗ってみたぜーっと! suzuki スペーシア試乗レビューの巻




 トールワゴン系ではけっこう人気なスズキ スペーシアですが、以前も実は試乗レビューをしています。

 というのも、うちがお世話になっている車検屋さんが、常に代車を


「いまどきのホットな車」


で当てがってくれるので、これは「乗ってみてよかったらぜひ買ってね」という策略に違いない(笑)



 というわけで、今回は、前回のスペーシア・スペーシアカスタムに引き続き、



 スペーシアカスタムZ



の登場です。


 おおっ、なかなかイカツイぜーーっと!


 というわけで、前回の

現行 スズキ スペーシア 試乗インプレッション! 良い点悪い点全部見せます!
https://kotaro-yoshiie.blogspot.jp/2015/11/blog-post.html 


もご参考に。


 以前は走り中心に書いたので、今回は中身に肉薄してみましょう。

 

前席・後席とも基本的に広々で、天井が高いのがいいですね~。


 

  最近のこのトール系軽自動車はほんとうに良く出来ていて、


 4人乗り


であることさえ除けば、十分かつひろびろとしたスペースがあるのが素晴らしい!


 逆に後席5人乗りの普通車でも、真ん中はおまけ扱いみたいな状況であることを考えれば、


ひとりひとりがゆったり座れる


のは、いいかも。




~~~~~~~~~~



 さて、スズキはいちおしの「Sエネチャージ」搭載なのですが、計器類もわかりやすく、


「今、エンジン走行中」

「今、回生充電中」


などの状況も液晶ですぐわかるようになっています。


 それより、ママ向けには


「今、省エネ走行できてますよ~」


という時にだけ、計器の色が変わるのでめっちゃわかりやすい! 







(画像は、静止時に撮影しています)
 
 
 
 ほら、通常運転時には、メーターの照明の色がなのですが、 エコ運転ができているときにはメーター周りがに変わります。

 ややこしい計器は気にせず、この色だけ見てすぐ理解できるのがGOOD!




~~~~~~~~~




 さて、後部座席です。


 


 通常状態でも、荷物スペースが広い!これはすごい!




 折りたたんでもひろい!




荷室フラットにもなるぜーーーっと!



 ぶっちゃけかなり使い勝手がよさそうです。まあ、パパママと子供2人家族だったら、常時フルメンバーなのでここまで荷室を使う場面はないかもですが、子供が少なかったり、たまにパパが遊びに使うにはいいんじゃないかな?




~~~~~~~~~~



  で、ここからは先進の安全設備編ですが。今回のカスタムZはデュアルカメラ付。


でも、写真のとおり、車格に対してカメラがやたらでかいので、室内から見るとかなり


圧迫感


 があります。


 フロントガラスの面積に対してのカメラの大きさが、(左上あたり)、ちょうど目の上のたんこぶのようで、


 ずどーんと重たい感じがする


のです。


 このへんはもうちょっと今後小さくなるといいねえ。



 肝心の機能ですが、私はふだん安全運転なので、追突防止もレーンはみ出し防止も、普通に乗っている分にはよくわかりません。



 まあ、いざという時のいざがやってこないのが一番ですね!





 全体としての印象ですが、そりゃ



 新車で150万



もするのだから、設備も造りもいいに決まってるがな(苦笑)



 軽自動車は高くなる一方ですが、もうちょっと価格バランスが良くなればとも思います。



 ちゃんちゃん。




2017年10月8日日曜日

さらば我が電子書籍「営業刑事は眠らない」はiOSとともに去りぬ!


 いやーん。アップルのばかばかっ!


 というわけで、長らくご愛顧頂きましたiOSバージョンの電子書籍アプリ



 「営業刑事は眠らない by吉家孝太郎」

 http://www.itmedia.co.jp/info/itmapp/bizss01.html


↑アプリ終了のおしらせ。


ですが、iOSのバージョンアップとともに、32ビット版アプリが動作しないということで消えてしまいました(涙)


 ついに、私のiphoneでも作動しなくなったので、みなさまのお手元のアプリも、削除行きのことと思います。


 ほかの電子書籍でもそうですが、契約上はサービス提供者からのレンタル扱いみたいなものですから、紙の本と比較して、永遠に残るわけではないので、残念ですが致し方ないところです。



 で、もう、一生読めないかというとそういうわけではなく、アーカイブが残っていますので、今後気になる方はそちらからお読みくださいませ。



==========



「営業刑事は眠らない」

(本文は↓こちら)

http://blogs.bizmakoto.jp/makotonovel/entry/5440.html



(結果発表時の記事は↓こちら)

http://blogs.bizmakoto.jp/makotonovel/entry/5634.html



(講評などは↓こちら)

http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1211/16/news001.html




==========



 いやあ、2012年の作品ですから、もう5年も経ったんですね〜。月日が経つのは早いものです。


 この名義では小説などをその後はあまり書いてませんが、ブログは以前続けております。また、気が向いたら物語を書こうかな、とひと昔前を思い出して、ちょっと意欲が沸いてきたり。



 この頃はまだiphoneはソフトバンクからしか出てなかったので、ITメディアさんもソフトバンク系列ゆえ、iOSアプリでの配信だったのだと思います。


 あれから5年で、メディア業界も政治も、社会情勢もかなり変化しました。


 また、次の5年に向けて、ヨシイエも活動して参ります。どうぞよろしくお願い申し上げます!